読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PS4に外付けHDDを繋いでみた

ゲーム

先日のPS4のシステム・ソフトウェアのアップデートにより機能が色々追加されましたが、外付けHDDに対応したのは凄く嬉しい。

外付けHDDの条件は以下の3点。

  • USB3.0以上
  • 容量250GB以上、8TB以下
  • PS4に直接接続(USBハブ不可)

うちのPS4 ProはノーマルPS4時代から使ってた1TBのSSHDを使ってるのですが、大作系ゲームは容量多いし、体験版とか色々ダウンロードしていると1TBって割とすぐ使っちゃうんですよね。今まではクリアしたゲームは一定期間経ったものから削除してまた遊びたくなったら再インストールして~というやりくりをしていたんですが、やっぱり再インストール&アップデートは面倒。(ダウンロード版は尚更)

なので早速外付けHDDを繋げようと思ったのですが、余っているHDDは300GBとか500GB辺りで中途半端だったりケースもUSB2.0対応止まりだったり。ならば新しく買うかーと検索していたところ、このI-O DATAの3TB HDD (HDC-LA3.0)が税込み7,480円であるのを発見。今まではHDDケースとバルクHDDでばらばらに買うことが多かったんですが、USB3.0ケース付きの3TBでこの値段は安いなーと即ポチ。黒いボディに青いLEDが点くのもPS4ぽく並べて置いても違和感無さそう。1TB+3TBあればしばらく大丈夫でしょう。

 

届いたものをまずはPCに繋いで中身確認。

Western DigitalのWD30EZRZですね。Seagate製品の場合もある模様。Intelliparkだけさくっと無効にしてPS4へ繋ぎフォーマット。(電源投入6回は色々繋いだ後撮ったからなので気にせず)

特に難しい設定も必要なくすぐ使えるように。上の条件でもあった通りUSBハブ経由は駄目です。エラー表示でPS4本体に直接繋げと言われます。USB2.0ハブは当然ですがUSB3.0のハブも駄目でした。

試しに適当なゲームを本体から外付けHDDに移動させて遊んでみましたが普通にプレイ出来ますね。きちんと計ったわけじゃなく体感ですが、外付けだからロードが遅いという印象も感じなかった。さすがにキャッシュ効いたSSHDより速いなんてことはないんでしょうけれども。

 

きちんと計測された方がいたので記事を見てみましたが、ノーマルPS4に限らずPS4 Proでも内蔵HDDより外付けHDDの方が速くなるのに驚いた。

ノーマルPS4は内蔵HDDのインターフェースがSATA2-USB 3.0変換ブリッジチップなので遅いのは分かるのですが、ネイティブSATA3のPS4 Proでも外付けの方が速いとは。2.5インチと3.5インチの違いがあるとはいえ、もうちょっとUSB外付けのオーバーヘッドがあって遅いと思っていたのに予想外。そりゃ遅くなったと感じないわけだ。

 

SSDの速度が欲しい! でも値段が高いし容量すぐ一杯になっちゃう……。そうだ! SSHDにしよう!」という、今までPS4内蔵ドライブの最適解みたいな立ち位置だったSSHDが今回の外付けHDD対応で凄く中途半端になってしまった印象が……。
うーん、SSDが欲しくなってしまった。

 

[3/17 追記]

HDD自体は今のところ問題なく動いているのですが、デュアルショック4の接続が切れるという現象が1度起こりました。1度ならたまたまかもしれないのですが、USB3.0機器は2.4GHz帯に干渉するノイズを出します。PS4コントローラーのデュアルショック4は2.4GHz帯を使うBluetoothを使っての無線接続なので、PS4本体側のBluetoothアンテナに干渉した可能性もあります。念のため、前面ポートに繋いでいた外付けHDDをPSVRを繋いでいた背面ポート側に移動し、少しPS4本体から距離を置いてみました。これでちょっと様子見。新デュアルショック4を持っている人は有線接続という手もありますね。