読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『劇場版 艦これ』を観てきた(ネタバレあり)

艦これ 映画 アニメ

ブラウザゲーム版はログインするのもイベント期間中のみになりつつある艦これですが、劇場版アニメが公開されたので観に行ってきました。

舞台挨拶が行われるTOHOシネマズ新宿に行ったのですが、劇場にパネル等のオブジェが何にも無かったので新宿ピカデリーにも寄ってきました。ピカデリーでも最初は見つからなかったのですが、エレベーター出入り口横の目立たない位置にこっそり置いてありました。公開初日だというのになんとなく不遇な扱い・・・。

 

TVアニメ放送時は原作との設定の違いやストーリー展開など色々と批判*1もあったので、正直いうと劇場版も不安でした。でも予告映像が面白そうだったので(映画の予告ってなんでどれも面白そうに見えるんでしょうね?編集って凄い)、舞台挨拶回のチケットを頑張って取りました。

とりあえず本編の感想から言うとかなり良かった!
いくつか不満な点もありましたが、TVアニメで感じた大部分は解消されていたと思います。

ストーリーも変にギャグパートが入ることなく全編シリアス調で進んでいきますし、「場面に合ってなくてもとりあえず原作のセリフ言わせておけ感」が強かった無理矢理な言い回しもありませんでした。そしてなにより如月轟沈の話にちゃんと救いがあって良かった。如月はTVシリーズ構想の段階でこうなることが決定済みだったのかもしれませんが、轟沈したまま「続編を待ってね」は気分良くないですよね・・・。戦闘シーンも派手でよく動いていたし、どことなくシュールに見えた水上スキーの動きもダイナミックになり不自然さが消えていました。大和さんカッコよかったし睦月ちゃんマジヒロイン。妖精さんも可愛かった。

不満点はアイアンボトムサウンドの中心に辿り着いた吹雪と深海棲艦の吹雪(?)との対峙シーンが精神世界の会話みたいな形で終わってしまったことがまず1つ。艦娘なんだからそこは全力で戦い合う場面じゃないのかと。あと睦月と如月が「いつかまた会おうね」とお別れをちゃんと言えたのに、エンドロール後すぐ再会していたのも唐突感が。物語の中の世界ではどれほど時間が経ったのかは分からないですけれど、ついさっき涙のお別れシーンを観た側からすれば「え?そんなすぐ会えちゃうの?一体何があったの?」と思いますよね。

 

進行役の藤田咲さん演じる赤城による撮影録音禁止などの諸注意で始まった舞台挨拶は上映開始前だったのでネタバレトークは一切無し。他の登壇者は、上坂すみれさん、井口裕香さん、佐倉綾音さん、東山奈央さん、野水伊織さん、日高里菜さん、タニベユミさん、大坪由佳さん、中島愛さんの計10名という大人数。以下印象に残った話を端的に。

  • 上坂すみれさん
    新宿ピカデリーで行われライブビューイング中継もされた舞台挨拶の時は三つ編みだったらしいのですが、控室でちょっと寝ていたら解けてしまい寝癖もついてしまったとのこと。
    藤田さん(赤城)と井口さん(加賀)に挟まれた位置で「可愛い可愛い」と弄られ「もう!正規空母なんなの!?」とツッコむがご自分も蒼龍と飛龍やってます(笑)
    「吹雪の運命、頑張った姿を見てください」と。

  • 藤田咲さん
    進行役を任され自身も提督である藤田さん。「イベント中で皆さんお忙しい中お出でいただきありがとうございます」との挨拶に笑い声が上がる。
    他の登壇者の話に対する食い付き具合が半端ない。話を拾う拾う。
    「E-3のギミックが解除出来ないのでこうしたらいいんじゃないかという情報をお持ちでしたら教えてください」

  • 井口裕香さん
    深海棲艦のお尻がプルンとしてて目がいっちゃう。
    「睦月を演じる日高里菜がとにかくいい声で鳴く(泣く)んだ・・・!」

  • 佐倉綾音さん
    ガヤで那珂ちゃんのアドリブ一杯頑張ったのに殆どカットされてた。長門はアドリブ難しくて「うむ」くらいしか言えない。
    隣の東山さんとすぐいちゃいちゃしていた(笑)

  • 東山奈央さん
    金剛型四姉妹の掛け合いをよく考えている。でもオチは「ひえ~」
    シリアスな場面で金剛のセリフを喋っていたら「片言な口調は控えてください」と言われ、金剛のアイデンティティを考え直した。

  • 野水伊織さん
    演じる瑞鶴を意識したツインテールの髪型可愛かった。
    「私も中身おじさんなので深海棲艦のお尻が・・・」

  • 日高里菜さん
    皆から睦月の泣きの演技を褒められる度に照れる姿可愛すぎかよ!

  • タニベユミさん
    「ぽいー!(挨拶)」
    劇場アニメに出演するのは初めてなのでスクリーンから自分の声が聞こえることに緊張する。
    藤田さんと同じく提督目線でのコメントが多かった。

  • 大坪由佳さん
    「ぽいー!(便乗)」
    古鷹や加古が出てくるので嬉しい。

  • 中島愛さん
    「私も深海棲艦のお尻・・・」
    衣笠は劇場版からの参加なのですがグッズが作られたりして嬉しい。

終始笑い声が上がるにこやかな舞台挨拶でした。特に印象に残ったのは進行役でもある藤田咲さんのガチ提督度合いというか。「分かる!」「それなー」と心の中で何度相槌を打ったことか。だからこそ進行役も任されたんでしょうね。

 

艦これ好きだけどTVアニメ版に不満があった人には満足出来る内容だったと思います。むしろ何故この内容でTVアニメを終わらせなかったんだと思ったくらい。ただ、お話がTVアニメの続きですし、艦これの世界をある程度分かっていないと楽しめないと思うので間口が狭いのが惜しい。

深海棲艦が轟沈した艦娘の成れの果てという説は色々なところで言われていましたし、それを匂わすこともゲーム内でありましたが、公式の話として明確に提示されたのは初めてじゃないでしょうか。(違ったらすみません)

劇場版とは別にTVシリーズ2期も作ってるというお話はどうなったんでしょうね?1期終了時は正直期待が持てませんでしたけど、劇場版を観た後では楽しみになってきました。

来場者特典の記念徽章(ピンバッチ)

 

*1:以下の内容全てに同意するわけではないです。あくまで参考程度に。